外貨MMFへの課税方法とは?

外貨MMFで利益を得た場合、その一部は課税対象となります。
一部と書いたのは外貨MMFでの利益発生には2つのパターンがあるからです。
1つは利回りによる分配金の利益。
そしてもう1つは為替変動による利益です。
この内為替変動による利益は、外貨MMFでは非課税ですので問題ありません。
もちろん為替動向によっては損失となることもあり得ます。
課税となるのは前者の利回りによる分配金です。
これには20.
315%の税金が課せられるのですが、確定申告は行わなくても大丈夫です。
なぜならこの利益分に対する課税方式は、源泉分離課税となっており金融機関で自動的に徴収されるからです。
したがって体感的には全て非課税のような扱いでいられるというのも、外貨MMFが気軽に行える理由のひとつだと言えます。
http://xn--mmf-1b8e998t.jp.net/