住宅ローンの頭金について

住宅を購入する際には頭金が必要です。
良く頭金0円で住宅を購入出来る!と言った広告も目にしますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。
その代わり、月々の返済額は膨らみます。
少しでも返済額を減らしたいのであれば、やっぱり最初に頭金を少しでも支払うのがお勧めです。
頭金の支配い額は物件金額の20%と言われていますが、住宅を購入する際は他にも費用がかかりますのであくまでも20%は目安で考え、支払える範囲でやりくりすると良いです。
仮に住宅ローンを返金している最中に、失業したら残ったローンをどのように返していったらいいのでしょうか。
問題が起こっても事前に対処出来るようにしておきましょう。
大切なのは焦らずに今の自分の状況を知ることです。
リストラされた原因が私にあるのか、それとも会社側の理由なのかこれによって退職給付金の支給額が大きく変わるからです。
会社側の都合であれば、1年間は失業手当が出ますのでその期間に再就職を考えながら残りを返済に充てる事も可能です。
但し一回でも延滞してしまうと、続けられなくなるので出来る事から一つ一つ確実にこなしていきましょう。
住宅ローンを組む際に気になるのが金利です。
住宅ローンフラット35sの金利は大きく分けて変動金利と固定金利という物があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行から薦められる事はありません。
一般的には固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。
また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。
と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。
どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。
そのときはフラット35sも候補に加えるのもおすすめ。

フラット35S金利引き下げ