住宅ローンにおける金利ミックスの活用方法とは?

住宅ローンにおける金利ミックスとは、異なる金利タイプを組み合わせた借り方です。
この中でも特におススメなのが、変動型と10年固定の組み合わせです。
変動型は当初の利率の低さが魅力ではありますが、先々、その利率が上昇して返済額が増えてしまうというリスクもあります。
これに10年固定を組み合わせることによって、変動型のリスクを軽減することができます。
ミックスにすることによって安心感とお得感の両方を得ることができるようになるのです。
より安心感を高めたい場合には、10年固定ではなく全期間固定型を組み合わせるのも1つの方法です。
金額の振り分けについては、基本的に安心感を優先させ、変動型は少なめにすることがポイントです。
例えば、変動型のほうを繰り上げて返済して、教育費が重くなる前までに返し終えるような金額設定にしておくと、教育費が重い時期には住宅ローンが1本になり、家計も楽になります。
金利上昇リスクも抑えられるので安心感も出てきます。
住宅ローン金利がお得な銀行はどこ?