プロミス審査で落ちてしまう人とは?

プロミスの審査は、そのスピードが早いことから誰でも審査が通ると思われがちですが、実際にはそのようなことはありません。
現実にプロミスに申込をしても審査が通らず、契約できない人がいます。
総量規制の限度超過をしてしまう人や、他の消費者金融で多く借入をしている人は、融資限度額がゼロなので仕方ありません。
しかし、それだけではなく、過去に金融事故を起こしている人も契約を拒絶されます。
この場合、他の消費者金融で借入をしていなくても無条件に契約を拒絶するのです。
収益より貸金回収の安全性を重視しているプロミスでは、そのような「前科者」に対して契約をしてくれません。
借りたお金は返すものと言う当然のことは徹底しましょう。