金利が安いうちに住宅ローンを組みましょう

住宅ローンを組む時、金利という物がつきものです。
この金利で、銀行は利益を得ている物ですが、金利が高いと月々の支払い額が上がるものですので、住宅ローンを組む側としては、金利が安い方が良いですよね。
だいたい、1%金利があがると、値段的に1万円上がる。
と言われています。
固定金利でしたら、一定期間金利上昇の心配はありませんが、変動金利を選んでいる方にとっては、毎月1万円支払いが増える、もしくは1万円分余計に金利が取られるわけですから、金利上昇のリスクは怖いものです。
今はまだ低金利の時代と言われていますので、金利がなるべく安いうちにローンを組み、住宅ローン減税なども利用して、賢く住宅を購入する事が一番良い方法ですよね。