パソコンの仕組みとは?

コンピュータは開発が始まってから現在にいたるまで多くの性能向上や小型化が進められ、パソコンとなって一般人の手にも届くようになった。
しかしパソコンはどのような仕組みで動いているのだろうか、ここではその仕組みを簡単に説明していく。
パソコンはデータを0と1の二進数で処理しているが、その計算をこなしているのがCPUと呼ばれる演算装置である。
つぎにこの計算結果を一時的に記憶しておいて、計算スピードを上げるためのメモリというものがついている。
そしてメモリに対してデータを長期間たくわえておくハードディスクというものがあり、データなどを出力するための画面、最後にキーボードやマウスなどの入力装置がついている。
一般的にコンピュータはこのような仕組みになっており、計算をこなすコアの部分であるCPUやメモリをバージョンアップすることでコンピュータの性能を高めることができるのである。
そしてこれらの部品は今もなお小型化などの改良がおこなわれている。
http://www.btopc-osusume.com/