住宅ローン借り換え相談でシュミレーションできる?

住宅ローンを借り換えるのならば、借りたときの金利と現在の金利、ローン残高、残りの支払い年数や手数料などの要因を含めた計算を行い、手数料などの経費を差し引いても残金がなければ借り換える意味がありません。
少し前までに言われていた目安は「10年、1,000万円、1%」です。
これは、ローン支払い年数が10年以上、ローン残高が1,000万円以上、金利差が1%以上の場合は、借り換えてもメリットがあるということです。
そのまま、現在でも通用するとは思いませんが、あてはまる人は銀行の相談窓口へ出向いて行き借り換えのシュミレーションをしてもらうことをお勧めします。
又、いきなり銀行へ相談に行くのに抵抗がある人は、銀行のホームページにシュミレーションコーナーがあるので利用してみてはいかがでしょうか。
住宅ローン借り換えシュミレーションでお得な銀行は!【諸費用最安は?】