住宅ローン借り換えの条件を相談

住宅ローンを借り換える際にメリットがある条件と言われているのが「10年、1000万円、1%」です。
これは支払い残り期間が10年以上、ローン残高が10000万円以上、借り入れ当初の金利より1%以上低金利の場合、借り換えても利益が出るという目安です。
住宅ローンの利益は金利差による差額ですが、借り換える時には手数料や税金などのコストがかかります。
それらを差し引いた上で利益が出るようならば、借り換える意義があるということになります。
最近の住宅ローンは銀行によってサービスが色々あるので、必ずしも「10年、1000万円、1%」でなくても利益が出ることが多いようです。
その理由として「○○料金不要」という銀行が増えてきているからです。
これによって利益が出る条件が変わりますので、銀行の窓口で相談してみることをお勧めします。