住宅ローンを自営業で組むならフラット35?

自営業の方が住宅ローンフラット35を組むには、銀行や信用金庫などから審査を受ける必要があります。
住宅ローンは長い月日返済し続けないといけないので、審査はとても厳重に行われます。
審査結果が出るのは約1週間後です。
結果は電話もしくは口頭で伝えられます。
不合格の場合、残念ながら住宅ローンを組む事はできません。
フラット35審査に通ると、本契約に移ることができます。
契約時は銀行から指示された必要書類を全部揃える他実印と諸費用も用意しておきます。
諸費用は借りる額によって人それぞれですが、事前に銀行側から指示されます。
だいたい、安くても数十万〜数百万単位の現金が必要となるでしょう。
自営業の方が住宅ローンを組む時に一番気になるのは金利だと思います。
ローン金利はだいたい大きく分けて固定金利と変動金利があります。
どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行側から薦めなどはありません。
一般的には固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。
また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。
といった事はなく、公平な審査が行われます。
どっちの金利が良いかわからなくなった時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。
自分の家を購入する事はあこがれでもあります。
ですが、自営業の方が自分の家を購入する際には必ず住宅ローン審査が必要です。
現金で家の値段を支払えれば何も問題はありませんがそういった事は一般の方には難しいのが現実です。
ですから、一般的には銀行の住宅ローンを申し込む方が多いです。
住宅ローンに関わる審査は、色々あるローンの審査の中でも特別に厳しいと言われています。
35年という長期間の支払いが出来ないといけないので、中には審査に通らない方も出てきます。
審査が通らない理由としてあげられるのがやはり収入面です。
ローン審査に合格するには、最低ラインで300万以上の年収が必要だと言われています。
ただ300万円以上あれば良いという訳でなく、勤続年数・どのぐらいの規模の会社か。
という事も重要なポイントです。
憧れのマイホームの購入を検討されている方は多いと思います。
購入する為にはまず住宅ローンを組まなくてはいけません。
フラット35住宅ローンは信用金庫・ネットバンク・銀行などが承っています。
住宅ローンを組む際には金利・審査・諸費用がかかります。
審査結果が解るのは約1週間前後の時間がかかります。
金利の決定は契約を結んだ月の金利になります。
諸費用の計算は、借入金額によりますが数百万単が一般的です。
早く欲しい!と思っても自分の物になるまでこれらの事をクリアして行かないといけません。
契約終了には約3、4カ月かかる事が多いです。

フラット35審査は自営業でも通る?職業と年収は!【審査基準が緩い?】